コーティング全般(予約制)

ガラスコーティング

鈑金塗装のプロが施工するガラスコーティグです。
お車の表面の状態をしっかり把握して、それに合った、適切な材料や道具を使っておこないます。
これは鈑金塗装屋さんだからできるワザです。

当社の一番の特徴は、
ガラスコーティングを施工する前段階の作業、
すなわち下地処理に半日から1日を掛けることです。
この段階で、できるだけ新車の肌を復活させます。
コンパウンドの選択、パフの選択をしっかり見極め、力の入れ加減も調節しながら、
下地処理に納得がいくまで作業します。

その後ガラスコーティングをするという、こだわりの職人ワザです。
ガラスコーティングを施工してから12時間以上置いてガラス成分が安定させ、さらに保護材を塗布し、機械で熱を加えながら定着させます。
これらを2日間掛けて行います。

今、レストランで流行(はや)りのオープンキッチンではありませんが、作業現場もオープンにしています
作業ぶりなどもご覧いただけます。
2日間の間作業中に実際に作業を見に来られる方もいらっしゃいます。 完成すると、お車が見違える程きれいになります。

下地処理がていねいなため、細かいキズは消えますが、深いキズまでは消えません。
鈑金塗装ではなく、あくまでもガラスコーティング施工の過程での作業だからです。
ガラスコーティングは表面の保護もしますので、施工後はキズ、汚れ、雨だれは付きにくくなります。汚れは付いても、表面に乗っている感じなので、水洗いと拭きあげで楽にきれいになります。
施工後の洗車は水洗いのみです。シャンプー洗車は避けてください。保護材を減らしていきます。

半年から1年ごとのメンテナンスで、このコーティングは3年間持続します。
保管状態によっては、5年間持ちます。
現在、キャンペーン中ですので、通常8万のところを5万4千円でおこなっています。
ガラスコーティング代金には、ホイール4本のガラスコーティングとウィンドー全表面(フロント、リア、両サイド)のガラスコーティングを含みます。
ガラスコーティングは全て予約制で承まっております。
ご連絡をお待ちしています。